家族葬のメリットデメリット

最近は葬儀をあまり大げさにせず、身内だけでおこなうことも多いです。家族葬も最近はとても人気がありますが、メリットもあれば、デメリットもあるのでしっかり確認しておくことが大事です。

家族葬のメリットは、故人のことだけを思っている親しい人だけでおこなうので、形式的な葬儀とは違いアットホームな葬儀がおこなえることです。

他にもメリットというと、本格的な葬儀に比べて費用をあまりかけずに済むことです。費用が安いので、その分お墓や仏壇などにお金をかけることができます。

他にもメリットというと、形式にとらわれずにすむことです。

お手軽に家族葬サイト利用者からとても評判です。

しきたりに振り回されず、故人や遺族の考えにそって、一番良い形の葬儀を選ぶことができます。
どのような葬儀にするかは、家族でじっくり話し合い後悔しない葬儀をおこなうといいでしょう。

家族葬にはメリットだけでなく、デメリットもあるので気をつけなければいけません。

デメリットは、故人が生前にお世話になった人が葬儀に参加できないこともあります。

故人が会社でお世話になった同僚や、趣味の会などで知り合った人などを葬儀に呼ぶことはできないので、そういう人は故人との別れができないことです。そういう人には後でお礼の手紙を送るといでしょう。お礼の言葉と家族葬の様子をまとめた礼状を送ると、葬儀に参加できなくても納得してくれます。

他にも家族葬が終わってしばらくしてから、偲ぶ会などを開くといいでしょう。



そんなに大げさな会でなくてもいいので、故人が生前にお世話になった人を呼んで、簡単な料理やお酒でおもてなしをしてください。

人気上昇中のYOMIURI ONLINEの情報はこちらのサイトがオススメです。