家族葬は家族や近親者のみで行う葬儀のことです

葬儀とは亡くなった人との別れを惜しみ、見送るための大切な儀式ですが、近年では縮小する傾向にあります。

あなたが求めるエキサイトニュースに関する最新情報はこちらです。

これは、家族だけで穏やかに見送りたいという意向を持つ人が増えていることや仕事関係の人付き合いや親戚、地域とのつながりが薄れていることも要因です。

そこで、家族葬と呼ばれる家族や近親者のみで行われる形式の葬儀が増えてきました。
特に亡くなった人が高齢だった場合には、周囲の人も同じく高齢で葬儀に足を運べない場合も多くなっています。

そのため、一般的な葬儀ではなく家族葬を選択することが多いようです。

家族葬は儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列はありません。



しかし、その範囲は曖昧で人によって認識が異なることもあります。
本当に家族のみで行われる場合もありますし、親族や親しい友人が参列する場合もあります。

家族葬は家族や近親者のみのため弔問客に気を使う必要がなく、ゆっくり故人とのお別れができるという特徴があります。

また、参列人数が確定できるので予算を組みやすく、日程なども調整しやすいというメリットもあります。

家族葬を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

それから、少人数で行われるため葬儀場の設備費用を抑えることができ、通夜ぶるまいや返礼品等の費用も少なくてすみます。
ただし、遠い親族や故人に関わりのあった人に不義理が生じるおそれもあり、呼ぶべき人に報せなかったと後から後悔するケースもあります。
それを防ぐためには、家族葬にする旨をしっかりと説明し理解を得ることが大切です。

また、香典や弔慰金がなく葬儀費用と相殺できないため、一般葬よりも支出が多くなってしまう場合もあります。