家族葬で気を付けること

近年、家族葬を選ぶ方が増えてきました。



葬儀は故人とのお別れをするための大切な儀式ですが、遺族にとっては何かと慌ただしく、気を遣うことも多いもの。
一方で家族葬は、社会的な儀礼をあまり重視することなく、親しい身内だけでゆっくりと個人とのお別れの時間を過ごすことができるということで注目を集めています。


このようなメリットがある家族葬ですが、まだまだ日本の社会では馴染みが薄いものですので、気を付けなくてはならないこともいくつかあります。親類や近所の方、知人などが「なぜ葬儀に呼んでくれないのか、亡くなったことを教えてくれないのか」などと不満を言ってくること。

また「どうしても葬儀に参列したい」と会場へ来られる方の対応に追われることがあります。

葬儀が終わった後でお悔やみを述べに来る方もいらっしゃいますので、身体的にも精神的にも疲労してしまう、ということも起こります。このようなことを避けるために、故人が亡くなったことを知らせると共に、故人または遺族の考えで家族葬を行う旨と、参加を遠慮していただくよう伝えましょう。

急な場合で対応が間に合わないなら、葬儀後にできるだけ早く葉書で知らせるようにします。

産経ニュースについて知りたいならこちらです。

もう一つ気になるのが費用です。
安さを売りにしている業者もありますが、多くの場合、費用は祭壇によって変わってきますので、普通の葬儀とあまり値段が変わらないこともあるようです。

また、参列者が少ないと香典も集まりませんので考慮しておきましょう。

葬儀はやり直しのできない儀式ですし、親類や近隣の方たちとのお付き合いにも影響してくるものです。

可能なら元気なうちに、葬儀について家族や葬儀社で相談しておくのも良いでしょう。

家族葬の有益情報を見つけよう。